することがない人の八畳生活

人生において何も「することがない」人が、映画を観たりして 、暇つぶしをしています。ネガティヴなことを言いたい。

振袖「はれのひ」の夜逃げニュースについて思う事

最近毎日やってるこのニュース。

 

一生に一度のまさに晴れの日、成人式。

 

振袖が着られなかった被害者の方々は本当に可哀想にと思います。

被害者の方々は救済されるべきですが、報道の仕方には違和感を覚えます。

 

私は成人式には出席しませんでした。

自治体が主催する成人式という催しに意味を見出せませんでした。

 

一生に一度といいますが20歳も21歳も一生に一度です。違いはありません。

振袖を着るか着ないか。男は紋付袴でなければならないのか。着なければどうなるんでしょう。スーツだと成人にはなれないのでしょうか。金銭的理由から何十万とする振袖を買ったりレンタルしたりできない人はいるでしょう。

 

被害者も他の詐欺被害者となんら変わりはありません。詐欺は詐欺のニュースとして報道するべきではないか。ことさらに成人式であることを強調するワイドショー的報道はいかがなものでしょうか。

 

そもそも成人式とはそんなにも大事なものなのでしょうか。