することがない人の八畳生活

人生において何も「することがない」人が、映画を観たりして 、暇つぶしをしています。ネガティヴなことを言いたい。

虹 V.S. 流星

f:id:surukotoganai:20170907215259j:plain

何を言ってんだとお思いでしょうが、比較してしまいます。

虹と流星は別物で本来、比べるべきものではないんですが、犬と猫どっちが好き?みたいなものと思ってください。

 

 

 

どちらも身近な現象で感動的ですが、時間や場所が限定的で簡単に見ることはできません。そういう点では同じものでしょう。

 

以下

完全主観

私は断然、虹の方が好きです。

 

感動

虹は日中多くの人が同時に目にします。その地域の人々が偶然同時に同じ現象を目にしスマホを向けます。これは結構感動的です。

 

流星は、夜中で流星群などを見ようと思って見るもので、興味のない人は見たこともないでしょう。

 

というわけで、虹の勝ち。

 

偶然性

虹も毎日、地球の何処かで発生しているでしょうが、

流星は実は見えていないだけで大量に降り注いでいます。毎日2兆個ともいわれるそうですが、正確な数ははわかってません。

 

これも虹の勝ちです。

 

 

視覚

視覚的には虹の方が幻想的です。存在感もその大きさ、色、圧倒的です。

流星は一瞬で一筋の光が流れるだけです。

 

これも虹の勝ち。

 

神秘性

虹は光の屈折で起きているだけなので単純と言えば単純な現象です。それに虹は地球のしかも、ごく狭い範囲で発生するだけです。

一方、流星は宇宙的な規模で、遠く離れた場所から地球まで来て燃え尽きると考えると、ロマンがありますね。

 

ということでは神秘的なのは流星の方でしょうか。

 

 

結果

3対1で虹の勝ちです。

 

どうでもいい話でした。

 

虹

 

 

 

流星

流星