映画レビューや商品レビュー、どうでも良い話を書いています

天国から来たチャンピオン(1978)

天国から来たチャンピオン - Wikipedia

 

ウォーレン・ベイティが、監督、主演、脚本を努めた作品である。『Heaven Can Wait』という舞台劇を原作としていて、死んだ主人公が天国から返ってくるというよくあるファンタジーだ。

 

前半はコメディーで笑いどころが何度もあり、後半はロマンスで最後のシーンは涙を誘う。1時間40分位で見やすく、途中飽きることもないし、最後は感動できるし、作品として完成度が高い映画。劇中の音楽(サックス)は心地よく映画の雰囲気とも合っています。人にオススメできる映画です。