映画レビューや商品レビュー、どうでも良い話を書いています

ショーシャンクの空に(1994)

 概要

ストーリーはWikipediaがよくまとまってるのでどうぞ。

ショーシャンクの空に - Wikipedia

 

言わずと知れた超名作です。原作はあのスティーブン・キング。原題はThe Shawshank Redemption。直訳すると「ショーシャンクの贖い」。邦題は商業的な問題で意味が全く違う、変わってしまうことがしばしばありますが、「ショーシャンクの空に」という邦題はとても良いセンスだと思います。

 

 感想(ネタバレ)

ジャンルはヒューマンドラマ。感動作として扱われます。

そして脱獄ものです。脱獄がメインではありませんが。

 

見終わって感動したんですが、何か引っかかる。なんか釈然としない。と思って振り返ると全ては脱獄のためだったからかと納得。以下はそのシーン。

 

  • レッドにロックハンマーの調達を頼む。脱獄する気か?と問われ、実物を見ればそんなこと出来ないってわかるよ。と返す。最初は本当にただ石を削るためだけだったが、壁が脆いことに気づいて計画を立てた。これが脱獄の始まり。
  • レッドと仲良くなる。(刑務所でのポジションを確保するためやん。刑務所でボッチは危険やからね。)
  • レッドのはからいで屋上の修理に選ばれた。よってゲイ野郎から逃れることが出来た。(順調やん、若くして副頭取になるぐらい頭も良ければ、世渡りも上手なのね)
  • 節税を手伝ってやるから、ビールをくれ。仲間の分もな。(一世一代の大勝負。うまく行って、受刑者&刑務官たちからも一目置かれる)
  • 噂は刑務所長にも広まり脱税を頼まれる。この頃のアンディーの監視はかなりゆるくなっていると思われる。所長の不正を知る人間を最小限にするためであろう。(脱獄の最終段階。あとは実行するだけ。完璧なり。)

 

と結局全ては脱獄のために思えるから。

 

映画の説明には

とある刑務所の受刑者が勝ち取り、分け与えた解放と救い―。”

とある。ラストを見てからだと、純粋にそう言えるのは図書館を整備したことと、勝手にレコードを放送したことだけじゃないか。

他の行動はほぼ自分のためだだろう。

 

とかなりうがった見方をしているのかもしれませんが、名作であることを否定したいわけではありません。もう1回見たらまた違う感想になるかもしれません。2時間超えですが楽しめました。

 

見終わって感想ブログを漁っていたら同じことを思っていた方がいて共感してしまいました。勝手にリンクを貼らしてもらいます。

studiopoppo.jp

 余談

レッドはどうして国外へ行けたのか?

仮釈放中の身で国外へ出られるなんてありえない。レッドはこんな老いぼれを追っては来ないとだろうと思っていたが、そういう問題じゃない。

原作ではレッドがバスに乗ってメキシコに向かうシーンで終わっているらしいので、ラストシーンは映画オリジナルなわけです。

もしかしたら、アンディーがレッドが国外に出られるように何か手を打っていたのかもしれません。

結局、Amazonプライム会員になった理由

一昨日の事

Amazonプライムの30日間無料体験がもうすぐ更新されます」

とメールが来ました。

無料体験終了前にメールを貰う設定にしていたので気づきましたが、これ結構忘れてしまって更新されてる人多いじゃないかな。しかも月400円のプランになってるので、もともと無料体験後に会員になる予定の方は注意が必要ですね。

 

Amazonプライム会員情報の管理」のページで「会費プランの変更」で年間プランに先に設定しておけば無料体験終了後に自動移行されますので安心。

 

それで本題

会員になった理由ですが

プライムの特典は以下のものがあります。

 

私に必要なのは以下の3つだけですね

 

 

ほぼビデオのためだけですが年間3900円ですから破格のサービスだと思います。

こうやって囲い込み戦略を進めてくんですね。恐ろしやアマゾン。

無料体験でAmazonプライムデーに参加

7月11日のアマゾンの夏のセール「プライムデー」がありました。

アマゾンは日頃利用していて日用品や中古CD、家電を買っていました。プライム会員になればかなりのサービスが受けられるのは知っていましたが、年会費を払って会員になるのは気が引けていました。

 

会費は年間3900円(税込)。受けられるサービスを考えれば破格とは思いますがね。

たかが月々325円と言う人もいるかもしれませんが、塵も積もればです。無駄な出費は避けたいものです。

 

会員になれば送料回避のために2000円以上になるように注文する必要もないし、お急ぎ便や時間指定もできるしなぁと悩んでいたさなかにプライムデーが来ました。

 

安いタブレットが欲しいと思っていた私にはFire HD 8はとても魅力的に思えました。

6,000円引きで5,980円(2017/07/12時点)ですよ。買わない理由がない。

「いつ買うか?今でしょ」と心の中の林修に背中を押され、無料体験を使ってポチッとな。無料体験ついでにこちらも1,500円割引で3,480円(2017/07/12時点)Fire TV Stick (New モデル)も買ってプライムビデオも見よう!。この際、外付けハードディスクも割引されてるし欲しかったし買うか!そうだタブレット買ったんだだからフィルムmicroSDを買わないとな。忘れるところだった危ない危ない。

 

と気づいたら計2,7000円以上のお買上げです。。。

直前まで年間3900円の年会費で悩んでいた人間と同じとは思えません。

ただ逆に3万円以内に収まったのはプライムデーのおかげとも言えます。

 

アマゾンの戦略にまんまとハマってますね。まだ無料体験中ですが、ほっておくと勝手にプライム会員にされてしまいます。無料体験で辞めるか、プライム会員になるか。まだ決めていないのですが、プライムビデオが結構楽しいんですよね。このまま会員になってしまおうかなという今日このごろです。

フィッシャー・キング(1991)

フィッシャー・キング - Wikipedia

 

良い映画を見た。しばらく浸れるような。

やっぱりロビンウィリアムズは最高。アマンダプラマーかわいい。

 

テリーギリアムは近未来SF映画の監督というイメージで、よく鬼才なんて言われるから変わった映画かと思えばこの作品は全くの王道。「ゼロの未来」なんてほとんど理解できなかった(個人的には訳のわからないものは好きなので楽しめたけどね)。

 

で今作

ジェフブリッジスを見たのは初めてかも。特に魅力を感じなかった。ヒモ生活も情けないけどあんな事件があれば仕方ないよね。感情移入も出来ないけど、二人を結びつけたり、最後の聖杯を盗む所から恋人の元へ帰って来て愛の告白まではカッコよかった。しばらく一人になりたいと恋人を振った?のは事件の後の自分の自信がなかったのからなのだろうね。

 

主人公の恋人アン(マーセデスルール)は本当にいい女。ロビンウィリアムズが劇中のセリフで褒めちぎってる通り。こんないい女いないよね。あんな状態の主人公の世話をしてやってさ。普通別れちゃうよ。

 

パリー(ロビンウィリアムズ)は本当に魅力的なキャラクター。事件の被害者の夫で狂ってしまった。目の前で妻の頭が吹っ飛んだら正気ではいられないだろう。昔の記憶が蘇ってくると現れるレッドナイトは、モチーフは脳漿?肉片だったのかな。聖杯伝説は「ダヴィンチコード」で得た知識しかないのでよくわからなかった。結局パリーは聖杯のおかげで治って恋人とハッピーエンド。

 

アマンダプラマーかわいい。なんか見たことあるけど何で見たんだっけと思いながら最後まで思い出せず。後で検索して「パルプフィクション」で見たんだと分かった。印象が全く違う。この人あの人だ!とならないのは役者にとってはいいことだろう。パルプフィクションと違って美人。同じ人とは思えない。ドジでちょっと変わってて不器用で自分に嫌気がさして卑屈になってる。でもどこからどう見てもかわいい。モテないのは性格の所為だろうけど、こういうタイプが好きな男はたくさんいるはずだ。でもこの映画の世界にはいないのね。女からは嫌われるタイプの女。短いけどパリーに替えのスイカ柄シーツを持ってくるシーンは性格が表れてて良いね。スイカ柄てw

 

印象的なシーンいくつか

夜の公園で真っ裸で吠えチンチンぶらぶらさせたあげく寝転ぶシーン。ロビンウィリアムズいい身体してるわw。ホモに殺されると怯えるジャックw。

 

駅でリディアを待ってる時のホームレスのセリフ。「俺は赤信号なんだ。」疲れきったサラリーマンも施しを受けているアイツよりはマシだと思わせる存在。ホームレスでも役に立っていると。ホームレスのゲイの元シンガーも声が良いし。パリーも大学教授で頭は良いわけだし。ホームレスはどうしようもない人間では無くごく普通の人達なんだと言いたいのかな。

 

駅のコンコースでのダンスシーン。

人混みの中リディアを見つけるパリー。 いつの間にかダンスする群衆の中スタスタと歩く。パリーだけがリディアを見ている。逆にリディアはパリーの横を見向きもせず通り過ぎる。これは後のマニキュアシーンでのリディアのセリフと繋がる。

 

4人で食事に行くシーン。 ゴミの中にも美しい物はあるといつの間に作ったのか針金で出来た小さい椅子をリディアに渡す。カックイイー 。

中華料理屋での食事のシーン。餃子を落とし、コップを落とし、焼きそばをズルズル。最後はブロッコリーでホッケーw 子供かっ!w そして告白。会って話したのは初めてだけど、ずっと君を見ていた(ストーキングだけどw)と感動のシーン。パリーはこの辺りかなりまともに見えたが、次の瞬間事件がフラッシュバックでまた元どおり狂う。そこでやはり聖杯が必要になる。

 

そして最後。今度は二人で裸で寝転ぶ。切り裂かれた雲を見て、念力かなとジャック。風だよとパリー。完全に正気に戻った事を表してる。このあと、あの事件のことは全部話したんだろうか。最初に会った時からパリーはジャックに気付いていたようだけど、恨んでいたりはしなかったのだろうか。狂ってしまってそういう感情もなかったのか。治ったあとパリーはジャックを赦したのか、もともと恨んでなかったのか。NYに花火が上がってTHE END。テリーギリアムっぽい。

 

エンドロールはHow about you。簡単な歌詞だけど良い曲だね。 2時間10何分もあって長かったとは思ったけど次は次はと引き込まれるしダレることはなかった。無駄なシーンはほとんど無かったよう。 書きたい事をただ書いたのでとても読みにくいと思いますが(^_^;)。

スケアクロウ(1973)

スケアクロウ - Wikipedia

 

 

素晴らしい映画。

今まで見た映画の中で最高の映画の一つ。そりゃパルム・ドール取ってんだからそうなんだけど。

 

何と言ってもジーン・ハックマンアル・パチーノの演技が素晴らしい。

ジーン・ハックマンはこれまでたぶん一度も見たことがなかったのでこれが初見。アル・パチーノはゴッド・ファーザーシリーズは見たことがなく、「ジャスティス(1979)」で見たことがあって大好きな俳優の一人。こんな演技もできるんだと改めて好きになった。まだ若くカッコイイ。余談だが、リバティーンズカール・バラーに似てると思った。

 

変わり者同士が友情を深めていくロードムービー

ジーン・ハックマンはどこからどう見ても変わり者と言うかヤバい奴。アル・パチーノは一見誰にでも好かれる良い奴だけど本音を言わない。どちらも他人に心を開かないが、二人は気が合ったのか、一緒に旅をする。

 

いろいろ語りたいが大好きな映画なので下手に語れない。

終盤はアル・パチーノが狂ってしまって病院に運ばれる。

意識のないアル・パチーノにハックマンが「お前がいないとダメなんだ」と声をかけるも反応はない。

洗車業の事業資金を全部アル・パチーノのために使う覚悟を決めたハックマン。

最後のシーンはジーン・ハックマンが靴底からお札を出すところで終わります。

寝る時靴を枕の下に入れていたのはお金が入っていたからかぁーと納得。有り金全部はたいて、ピッツバーグ行きの切符を買う。

男の友情とかそういうレベルじゃないよねもう。

音楽も素晴らしい。サントラ欲しい。

 

基本的に静かな映画なので誰にでも勧められるということはないが、パルム・ドールに違わぬ傑作である。

オブリビオン(2013)

オブリビオン (映画) - Wikipedia

 

トム・クルーズの映画。

彼の映画は彼が全て。他に説明は要らない。

映画好きという人で、一番好きな俳優に彼の名をあげる人はどれくらいいるのだろうか。

 

トーリーはWikipediaを見れば全部わかります。

そしてそのストーリーはえ?え?え???って言う展開だらけですが、映像はすごい。

こういう映画はその瞬間を楽しむもので、余韻に浸るようなこともないので感想もないですね。

天国から来たチャンピオン(1978)

天国から来たチャンピオン - Wikipedia

 

ウォーレン・ベイティが、監督、主演、脚本を努めた作品である。『Heaven Can Wait』という舞台劇を原作としていて、死んだ主人公が天国から返ってくるというよくあるファンタジーだ。

 

前半はコメディーで笑いどころが何度もあり、後半はロマンスで最後のシーンは涙を誘う。1時間40分位で見やすく、途中飽きることもないし、最後は感動できるし、作品として完成度が高い映画。劇中の音楽(サックス)は心地よく映画の雰囲気とも合っています。人にオススメできる映画です。